スプレッドファッションイズムは,他のアパレル企業とビジネスモデルが大きく違います。

まず、独特のビジネスモデルを見てみましょう。

次に業界内での立ち位置、ポジションをお伝えします。

最後に今まで歩んできた軌跡をご覧ください。

 

事業内容を知る ポジションを知る  

事業内容を知る

ショップ運営を専門とした接客のプロ集団

 

ブランド運営は、大きく分けて「企画」・「製造」・「販売」の3分野で構成されています。

この中の「販売」分野を当社は専門としています。

ですから、デザイナーや生産管理といった仕事は当社にはありません。

何故、販売を専門とするのか。

対人コミュニケーションである接客は、今後ITが発達するほど貴重な能力として重要性が増すからです。

SPA1

 

ポジションを知る

日本一、お客さまに愛されるショップづくり

 

スプレッドファッションイズムは2002年に個人事業としてスタートしました。

接客レベルの高さが口コミで広まり、

2012年には年商30億を超え、有名ブランドからも数多くオファーを頂けるまでに成長しました。

ただ、規模の大小にはこだわっていません。

こだわっているのは、

「日本一、お客さまに愛されるショップを創ること」

ブランドの人気度や立地の良さに甘えることなく、

接客サービスで日本一を目指します。

 ポジションを知る2

沿革を知る

沿革

会社名 株式会社スプレッドファッションイズム
住所

〒153-0043

東京都目黒区東山3-1-15HOLON池尻ビル8階

代表者 戸坂 敦
事業内容

・ファッション販売代行業

・ファッション企業向けコンサルティング事業

・ファッション企業向け派遣業

・ブライダル関連事業

設立 2002年3月
従業員数 20名(女性18名・男性2名)
売上高 32億円(小売りベース)

運営ブランド

※順不同

ADORE(アドーア)

hueLe Museum(ヒューエルミュージアム)

MADISONBLUE(マディソンブルー)

MONOEARTH(モノアース)

取引先

※順不同

株式会社TSIホールディングス様

株式会社MADISONBLUE様

株式会社ヤギ様

顧問先

パートナー社労士事務所 特定社会保険労務士 三澤潤子様(顧問社労士)

はらしま会計事務所様

会社の歩み

2002年3月:個人事業としてスタート

2003年4月:有限会社スプレッド設立

2003年9月:有限会社スプレッドファッションイズムへ商号変更

2005年9月:年商10億円突破

2006年5月:株式会社スプレッドファッションイズムへ商号変更

2007年9月:従業員数50人突破

2010年9月:従業員数100人突破

2012年9月:年商20億円突破

2016年9月:年商30億円突破

2016年9月:従業員数150人突破

2017年8月:Dear Bride Tokyo 事業スタート